Ichiburi guide Blog

タイラバ、ライトジギング便

  • ブログ
  • 2021-05-01 16:19:37

タイラバ、ライトジギング便 の写真

本日は朝から潮はかっ飛び、本来の水深では釣りにならないと判断して浅場へ、150gでも200m前後はラインが出る潮の速さでした。例年通り釣れるサイズは良型で4キロ後半から2キロ前半、風が変わり潮が変わると全く反応しなくなってしまいました。何か釣れるものが無いかあちこち回りましたが反応に付けても釣れませんでした。残念ながら力不足で全員釣果にはなりませんでした。

ここでご利用のお客様に注意事項ですが、当船ではタイラバ、ライトジギング、タイジギング、スーパーライトジギングに関しては基本的にドテラ流しに拘った釣りスタイル。状況によっては潮立てをすることも有ります。時には2ktを超えるような潮になる事も有ります。ブログでも数回に渡りタックルに触れていますが、当エリアは比較的水深の深いポイントが多くドテラ流しの釣りの場合ラインは最低でも300mのラインキャパのリールが必要です。普通に着底迄に200m以上ラインが出る事も良くあります。また高ギレなどのトラブルを考えると400mは入れておきたい所です。当然ラインも太過ぎれば着底が分からなくなります。ラインは0.8〜1.0を推奨します。ルアーウェイトに関しても通常は150gまで有れば充分なのですが、着底が分からなければ釣りにならないので状況によっては250gや300gが必要になる事も稀にあります。 

一言にジギングと言っても、大きく分ければ2種類、ドテラ流しのジギングと潮立てでのジギング、が有ります。ブリジギングやスロージギングでの釣行は基本的に潮立てスタイル、タイラバ、タイジギング、ライトジギング、スーパーライトジギングはドテラ流しが基本とお考え下さい。ご不明な点はご予約の際にお尋ねください。

 

カテゴリー:ブログ

ガイド空き状況

ご予約ページを開く